なっきぃろぐ

メイク・スキンケア・コスプレの役立ち情報ブログ

豆乳の素敵な効果!

投稿:2016-10-12 12:51  更新:

豆乳ってダイエットにも体にも美容にも良いって聞いたことはありますよね?

でもその効果的な飲み方や何がどう効くのか知らなかったりしますよね

私も結構耳にはしますがどういう風にしたらっていうのがわからなくて調べてみました。

今回は豆乳がもたらす効果を紹介したいと思います!

豆乳とは?

豆乳は「畑のお肉」とも言われていて、優れた栄養成分の宝庫である「大豆」が原料になっています

豆乳はこの大豆をすりつぶして絞った時に出る、豆腐に固める手前の状態の液体のことです

その絞った時にでる残りの粕がおからになります

消化に良くないとされている大豆に比べて、液体の豆乳は消化吸収に優れているので胃腸の弱いお年寄りなどにも効率よく栄養成分を届けてくれる食材です

豆乳は聞こえな感じ牛乳と似ているから乳製品かと思いがちですが大豆製品に分類されるんです

豆乳には皮膚や髪の毛、爪、筋肉など丈夫な体を作るのに不可欠なタンパク質が豊富に含まれています

効果

豆乳が動脈硬化を防ぐ

豆乳に含まれる「オメガ3」には、不飽和脂肪酸が含まれていて血液中の脂質やコレステロールを下げる働きがあると言われています。

また「サポニン」という成分は血液中の余分な脂肪を洗い流してくれて、高い抗酸化作用を発揮し身体のさびを防いでくれます

骨粗しょう症を予防に

豆乳には、骨粗しょう症を防ぐ栄養素である大豆のカルシウムやマグネシウムを豊富に含んでいます

他にも骨の吸収を助ける女性ホルモンの代わりになる大豆イソフラボンの働きによって、骨粗しょう症の予防に効果的であると言われています

太りにくい体質に

痩せやすい体質を作るには一定量のタンパク質が必要になります

豆乳に含まれる大豆たんぱく質は動物性の食品に比べてカロリーが低く基礎代謝を活発にする働きがあります

また大豆たんぱく質は体内での消化、分解に時間がかかるため満腹感を得られやすく間食を防ぐ効果も期待できます

「大豆ペプチド」という成分は脂肪燃焼効果を高め、基礎代謝も盛んにしてくれるため、普通に生活しているだけでも消費するカロリーが多くなります

美肌を作る

豆乳に含まれている大豆イソフラボンは、基礎化粧品にも使われているほど美肌やアンチエイジングに効果的です

お肌の老化を防ぎハリ感を保ち、みずみずしいツヤ肌に導いてくれます

美容に効果の高いビタミンB1、B2、B6、ビタミンEを多く含み、豆乳を摂取することで毛穴が小さくなったり吹き出物が減ったり、美肌に近づく効果がたくさんあります

ビタミンEは美肌には欠かせない成分で、紫外線などによる酸化を防ぐ効果があり 血行を促進やホルモンの分泌を盛んにすることによって若返り効果にも期待が持てます

美白効果

豆乳に含まれているビタミン、イソフラボン、サポニンには高い美白効果もあります

中でもサポニンには免疫力をアップさせる他に強力な抗酸化作用があり、外部からの活性酸素の働きを抑えることでシミや日焼け の原因となるメラニンの発生を防ぎます

豆乳ダイエットのやり方

生理前は食欲が増し、甘いものが食べたくて暴飲暴食してしまいやすい1週間◎

その間はダイエットは効果が出にくいので、生理後にダイエットしたほうが余分な水分や脂肪が燃えやすくなり、痩せる身体作りができます

この、暴飲暴食する生理前の1週間に毎朝豆乳を飲むと、無駄に溜め込んでしまう食欲を豆乳が抑えてくれるので、生理前に体重は増えず、生理後に溜め込まなかった体から水分や老廃物が排出され脂肪が燃えて痩せやすくなるんです

注意
豆乳ダイエットで一番注意したい点は『豆乳の摂取量』豆乳に含まれるイソフラボンの摂取量には1日200mlという上限があるんです!!
目安として無調整豆乳200mlに含まれるイソフラボンは約50~60mlです。1日の摂取量に十分注意してください

*豆乳を過剰摂取すると…イソフラボンの働きで、女性ホルモンの分泌量が増えるとかえって女性ホルモンのバランスを崩してしまう可能性があるので、決められた量を摂取しましょう。

プロフィール

美容、ダイエットに興味がある、元美容師&現役コスプレイヤーの「なっきぃ」です!

このブログは私が気になった美容情報を調査、実践して書いています。

■ 保有資格&免許
  • 美容師免許
  • ネイル検定3級
  • フェイシャルエステ
  • メイクアップアーティスト
  • メイクアップアーティストインストラクター