なっきぃろぐ

メイク・スキンケア・コスプレの役立ち情報ブログ

飲んでも、塗っても効果的!日本酒は美容・健康に最適!?

投稿:2017-01-07 09:00  更新:

皆さんは日本文化でもある日本酒はただ美味しいだけではなく、女性に嬉しい美容効果も高いことは知っていますか?

日本酒、お酒が大好きは女性は必見です!

体やお肌に良い成分がいっぱいで、飲んでも、塗っても美容効果が期待できる優秀なお酒なんです。

今回は日本酒の種類や隠された美容と健康効果についてご紹介します(^^)

日本酒は何で作られているのか?

米(蒸米)、米麹、水を原料として、発酵させてこしたものです。
日本酒は、純米酒や吟醸酒など様々な種類があります。
純米の記載が無い吟醸酒や大吟醸酒などはお米や米麹、醸造アルコールによって作られています。

効果

美白効果

日本酒の原料に含まれるコウジ酸には、シミやほくろの原因となるメラニン色素の生成を抑える働きがあるため、美白効果が期待できます。他にも保湿効果があるため、肌をしっとり潤してくれます。

老化防止

美白効果はもちろん、コウジ酸は細胞の活性化や老化防止にも効果を発揮します。これはお肌にいいだけでなく、育毛にも有効であることが確認されています。
また、日本酒には抗菌作用・抗酸化作用のあるフェルラ酸が多く含まれており、これが老化の原因となる活性酸素を除去する役割を果たしてくれると言われています。

血行促進

日本酒は、飲んだ後の体温の上昇が他のアルコール飲料より2度ほど高いのが特徴で、さらにその体温を保つ効果があると言われています。
これによって皮膚表面の血液循環が良くなり、肌のすみずみにまで血液中の栄養素が行き渡ります。また、女性に多い悩みである肩こり・偏頭痛の解消や冷え性の予防にも効果的です。

コウジ酸がメラニン色素生成を抑制

本酒には体にうれしい効果がたくさんあります。
それは主に日本酒に含まれるコウジ酸という物質による効果です。
コウジ酸は細胞の老化を防いで活性化する効能があると言われており、育毛や養毛に使われています。
また、シミやほくろの原因となるメラニン色素の生成を抑えたり、肌の潤いを守る効果があり、白くてきれいな肌を作る手助けをしてくれるとも言われています。

日本酒の美容法

酒風呂美容法

これからの寒いシーズン、温かいお風呂にゆっくりつかるのは至福の瞬間ですよね。
そこでおすすめなのが、コップ2~3杯の日本酒を湯に混ぜてつくる酒風呂です。
日本酒成分が肌の保湿効果を高めて、さらに美白効果も期待できます。

日本酒化粧水

日本酒の美肌効果はすでに広く知られていて、各酒造メーカーからも日本酒成分配合の化粧品が販売されています。
実は日本酒をそのまま化粧水としてパッティングに使って良いそうです。
ただし夏場は酒のニオイにつられて虫が寄ってくるので、パッティング後は軽くすすいでください。

プロフィール

美容、ダイエットに興味がある、元美容師&現役コスプレイヤーの「なっきぃ」です!

このブログは私が気になった美容情報を調査、実践して書いています。

■ 保有資格&免許
  • 美容師免許
  • ネイル検定3級
  • フェイシャルエステ
  • メイクアップアーティスト
  • メイクアップアーティストインストラクター