なっきぃろぐ

メイク・スキンケア・コスプレの役立ち情報ブログ

納豆食べるなら夜!美容・健康効果倍増です♡

投稿:2017-02-15 09:00  更新:

日本の食卓には欠かせない納豆、美容にも健康にも良いのは皆さんご存知ですよね!?

納豆は朝食で食べられがちですが、実は夜食べたほうが美容効果、健康効果は倍増するんです!!
知っていましたか?

今回は納豆の効果をご紹介したいと思います\(^o^)/

納豆成分・効果

ビタミンB郡

豊富なビタミンB郡により、細胞の成長や再生の促進が期待できます。
健康な皮膚や髪が作られる、体の疲れを取り除く、目の疲労回復などの効果が期待できます。

ナットウキナーゼ

ナットウキナーゼは納豆にだけ含まれている特別な栄養素で、血栓を予防し血液をさらさらにする効果があると言われています。
薬にすると月額2万円分の効果を、納豆を食べることで得られると言われています。

血液がさらさらになることで、心筋梗塞や脳梗塞などを防ぐ効果があります。
血栓は深夜から早朝にできやすいので寝る前に食べると効果的です。

ポリアミン

ポリアミンは細胞の再生に不可欠な成分で、新陳代謝や老化防止に効果があります。
若い頃は体内でポリアミンが作られていますが、年齢を重ねる内にポリアミンを作り出す能力が落ちていきます。
そこで、納豆などのポリアミンを多く含む食べ物からポリアミンを摂取することが必要になってきます。
細胞の再生がきっちり行われることで、お肌のシミ・そばかす・くすみなどを防ぐ効果があります。

納豆レシチン

納豆レシチンには排毒作用があります。
デトックスすることで、ニキビやシミを防ぐ、肌荒れの改善などの効果が期待できます

食物繊維

納豆には豊富な食物繊維が含まれています。
食物繊維は腸内を綺麗に保つ効果があり、それにより便秘の予防やお肌の健康を保つことに期待ができます。

イソフラボン

大豆に含まれるイソフラボンには女性ホルモンのバランスを保つ効果あり、それにより乳がんの予防にもつながると考えられています。
また、更年期障害や骨の病気の予防にも効果があります。

カルシウム

豊富なカルシウムが含まれているため、骨を太く、健康に保つ効果があります。
カルシウムは吸収されづらい成分ですが、納豆の場合は豊富なタンパク質がカルシウムの吸収を助けるため、非常に優れた食品です。

夜食べた方が良い理由

ナットウキナーゼは、夜に活性化することがあります。
ナットウキナーゼという酵素は、食べてから10~12時間近く働くと言われています。

血栓は夜できやすいので、夕食で納豆を食べておくと、寝ている間にナットウキナーゼが血流を良くしてくれるので、予防効果が高くなります。
また、血流がスムーズになることで、肌にも栄養を届けることになります。

人間は眠りについて2~3時間たつと、成長ホルモンを分泌し始めます。これが、お肌のゴールデンタイムと言われるものです。
納豆にはアルギニンという成分が含まれているのですが、これが成長ホルモンの分泌を促すのです。そのため、夕食で食べるのは望ましいのですね。

このほかにも、納豆に含まれるビタミンB2が細胞の再生を促したり、ビタミンB6が皮脂分泌をコントロールしたり、食物繊維が成長作用を発揮したり、カリウムがむくみを解消するなど、さまざまな効果が期待できます。

注意

過剰摂取した場合、中毒を起こし、嘔吐や肝機能不全などの症状が出ることもあります。
どれくらいなら大丈夫かということですが、納豆2パックくらいなら全く問題ないということでした。

プロフィール

美容、ダイエットに興味がある、元美容師&現役コスプレイヤーの「なっきぃ」です!

このブログは私が気になった美容情報を調査、実践して書いています。

■ 保有資格&免許
  • 美容師免許
  • ネイル検定3級
  • フェイシャルエステ
  • メイクアップアーティスト
  • メイクアップアーティストインストラクター