なっきぃろぐ

メイク・スキンケア・コスプレの役立ち情報ブログ

パッチリ瞳になりたい方必見!眼輪筋トレーニングで誰でもパッチリ瞳に❤

投稿:2017-02-20 09:00  更新:

目がパッチリで大きいのって憧れますよね!

目が小さいのは生まれつき、眠そうな目とか・・・

目の筋肉を鍛えることで実はパッチリな瞳に近づけるんです(^^)

今回はぱっちりな瞳に近づける眼輪筋トレーニングをご紹介したいと思います!

目の筋肉の役割

眼輪筋は、目のまわりを覆っているドーナッツ状の筋肉でまぶたの開け閉めが主な役割です。

また、眼輪筋が動くことで、鼻の付け根にある涙嚢(るいのう)と呼ばれる袋が スポイトのように涙を集めて、涙の循環を助けています。

眼輪筋が衰えてくるとドライアイの原因となる上下の瞼がつかない 「不完全瞬目」といった、まぶたの開け閉めに関係する症状や 涙の循環の悪化だけはなく、見た目にも大きな影響を与えます。
スマホばかり見ている現代人は、視点が固まってしまい、眼筋が衰えがちなので注意が必要です。

筋肉の衰えによってまぶたがたるみ、目の下のくまや 老け顔の原因になります。
さらに、まぶたがたるんで垂れ下がってくることで 目が小さく見え、目元の印象がぼやけてしまいます。

眼輪筋が正しく使えていないと…

目をぱっちり開けようとした時に、おでこに横ジワができる場合はまぶたの筋肉の力ではなく、前頭筋と呼ばれるおでこの筋肉の力で目を開けとしています。

日常的に、眼輪筋を使わずに前頭筋に頼っていると、眼輪筋の衰えの原因になるため、普段から眼輪筋を意識することが大切です。

眼輪筋の鍛え方

1.顔は天井を向いた状態で、目だけ真下を見て、ゆっくり10回まばたきします。
次に、あごを引いた状態で、目だけ真上を見て、ゆっくり10回まばたきします。

2.人差し指で目尻を軽く外側にひっぱった状態で、目をぎゅっと閉じます。
外側にひっぱった指が、内側に引き戻される感覚があれば、筋肉に正しく負荷がかかっている証拠です。

3.人差し指で目尻のやや上を押さえ、外上方にひっぱった状態で、目をぎゅっと閉じます。
次に、人差し指で目尻のやや下を押さえ、外下方にひっぱった状態で、目をぎゅっと閉じます。
それぞれ5秒、左右交互に3回ほど行います。

4.鏡を見ながら、10秒ほどまぶしい目つきをします。
普通の状態に比べて、下まぶたが2~3mm上がっているのを確認して下さい。

5.上まぶたの中心のあたりを引き上げるようにして、眉毛の下で押さえます。
この状態で目を閉じます。
上まぶたが固定されて閉じられないため、下まぶたが目を閉じようとして 通常よりも、上に上がっていることがわかります。

プロフィール

美容、ダイエットに興味がある、元美容師&現役コスプレイヤーの「なっきぃ」です!

このブログは私が気になった美容情報を調査、実践して書いています。

■ 保有資格&免許
  • 美容師免許
  • ネイル検定3級
  • フェイシャルエステ
  • メイクアップアーティスト
  • メイクアップアーティストインストラクター