なっきぃろぐ

メイク・スキンケア・コスプレの役立ち情報ブログ

保湿効果絶大!「ヘパリン類似物質」が凄い!

今の時期一番乾燥に悩み、保湿には気を使いますよね(-_-)
ハンドクリームやらボディクリームなど...

そこであすすめしたいのが「ヘパリン類似物質」です!
ヘパリンなんてなかなか耳にしないですよね...

このヘパリンの保湿力凄いんです!
今回はこの「ヘパリン類似物質」についてご紹介したいと思います(^^)

「ヘパリン類似物質」とは?

ヘパリンとは、人間の体内に存在するムコ多糖類の一種で美容成分や健康サプリなどでよく聞くヒアルロン酸をはじめ、コンドロイチンやグルコサミンなどもムコ多糖類の仲間です。
ムコ多糖類は、人間の細胞の周りで、水分をしっかりと蓄える働きをする物質というと分かりやすいでしょうか。

ヘパリン類似物質は、乾燥肌対策成分として、50年以上昔から日本国内で使われてきた成分なんです。
皮膚科では「ヒルドイド」という名前で処方されていますので、こちらのほうが馴染みがあるという人もいるかもしれません。
重篤な副作用がないため、アトピー性皮膚炎の治療でステロイドのかわりに使用したりするみたいです。

効果

保湿作用

弱まってしまった保湿力とバリア機能を取り戻し、新陳代謝を促す作用が期待できます
また、炎症を抑える効能も期待できるため、乾燥によって荒れてしまったお肌の修復を早めるとされています。

血行促進作用

血の固まりを溶かす作用があり、身体の中に出来てしまった血栓を溶かしたり、血栓を予防するために投与されます。
ヘパリンは血液をサラサラにして血行を良くしてくれるのです。
皮膚表面の血管に炎症(静脈炎)や皮下血腫などが出来てしまった時、ヘパリン類似物質の血栓溶解作用を利用すれば流れが悪くなった血流を改善させる事が出来ます。

抗炎症作用

ヘパリン類似物質は繊維細胞の元となる繊維芽細胞の増殖を抑えるはたらきがあり、これにより傷跡を綺麗にするはたらきが期待できます。

プロフィール

美容、ダイエットに興味がある、元美容師&現役コスプレイヤーの「なっきぃ」です!

このブログは私が気になった美容情報を調査、実践して書いています。

■ 保有資格&免許
  • 美容師免許
  • ネイル検定3級
  • フェイシャルエステ
  • メイクアップアーティスト
  • メイクアップアーティストインストラクター