なっきぃろぐ

メイク・スキンケア・コスプレの役立ち情報ブログ

これなら簡単!つけるだけで食欲抑制!コルセットダイエットがすごい!

投稿:2017-07-05 09:00  更新:

コルセットでダイエット!聞いたことある方も多いと思います。
少し前に流行りましたよね!?

コルセットはくびれ、体型補正などで使われますね!

よく使われるのがドレスを着るときなんかでしょうか?
マリー・アントワネットを想像していただければわかりやすいでしょう。

今回はこのコルセットダイエットについてご紹介していいきたいと思います\(^o^)/

コルセットダイエットとは?

中世のヨーロッパで大流行した体のラインを整える下着であるコルセットをダイエットに生かす方法がコルセットダイエットなのです!

昔と違って強く締め付けるわけではなく、自分のウエストよりも少しだけ細い、苦しくない程度のコルセットを着用し、コルセットをつけて生活することで、くびれが手に入るほかダイエット効果も期待できます。

そしてコルセットをつけていると胃が圧迫されるので、自然と食欲を減らすことができ、姿勢が良くなるため、バストアップ効果や代謝を良くする効果も期待できます。

効果

食事の量が減る

お腹が締め付けられているので、食べ物をたくさん食べなくても満腹だと感じやすくなり、食べ過ぎを抑えられます。
腹8分目以下の量を食べただけで満足して食事を終えることができるため、食事量が減り自然と摂取カロリーが少なくすることが可能なのです。

正しい姿勢に矯正できる

骨盤が矯正されるだけでもダイエット効果が期待できます。
姿勢が歪んでいたせいで悪くなっていた血の巡りやリンパの流れも良くなることから、新陳代謝が上がって基礎代謝もアップし、ダイエットの成果が出やすい身体に近づけます。

発汗作用

アコルセットによっていつもより厚着になるため、汗をかきます。
また、血液やリンパの流れが良くなることで発汗作用にも繋がります。
汗によるデトックス効果や、お肌がつるつるになる効果も見込めます。

コルセットダイエットのやり方

コルセットをつける時間は、3時間くらいから初めて、徐々に6時間ほどに伸ばしていきます。
長時間や夜間の着用は慣れてきたら挑戦するようにしましょう。
6時間を越えると体にかかる負担が大きくなるので、挑戦する場合は体が慣れてからにしましょう。

寝ている時間をさけてコルセットを着用します。

就寝時につけるとあせもができる原因になるだけでなく、ぐっすりと寝られなくなって成長ホルモンが上手く作用せずダイエット効果を妨げたり、寝にくさを感じたりすることで、ストレスが溜まってコルセットダイエットを続けられなくなる可能性があります。

初めの頃は生地の痛みや無理な締め付けを避けるために、緩めに着けて慣れてきたら徐々に締めていきますが、苦しいと思うほどは締めつけず、体が引き締まって背筋が伸びるくらいにします。

1.コルセットを着ける前に、まずはぴったりした下着を着けます。
フルクローズしていないときに、紐が血流を妨げるのを防ぐためです。
リンパの流れを悪くしてしまうためブラは着けません。

2.コルセットをつかんで、上下に揺するように動かし、背中の編み上げひもを楽に胴体に巻き付けられる程度まで大きく開きます。
金具が破損したり、手指に怪我をしたりしないように、必ず広げます。

3.コルセットを体に巻いて、右手で持った側を左手側にかぶせるようにしてフロントの留め金をひとつずつ留めます。留め終えたら、コルセットの中心が体の中心にきていることを確認します。

4.ウエストループを左右に引っ張って緩みがなくなるまで締めます。
15分程度のウォーキングなどをして体を動かし、コルセットのひもにかかっていた張力を均等にします。全体的に緩んできたら、締め直します。

プロフィール

美容、ダイエットに興味がある、元美容師&現役コスプレイヤーの「なっきぃ」です!

このブログは私が気になった美容情報を調査、実践して書いています。

■ 保有資格&免許
  • 美容師免許
  • ネイル検定3級
  • フェイシャルエステ
  • メイクアップアーティスト
  • メイクアップアーティストインストラクター