なっきぃろぐ

メイク・スキンケア・コスプレの役立ち情報ブログ

シミ、ゴワゴワ肌に効果的!クエン酸ピーリングが凄い!

投稿:

これからの暑い季節!
肌に負担がかかる季節になってきましたね…

紫外線、実は日焼け止めはビタミンDを減らしてしまいます。
いくら日焼け止めを塗っても焼けてしまうときありますよね…

それでシミになっちゃったりして…
そんなシミやごわついている肌に効果的なのが「クエン酸ピーリング」なんです!
今回は「クエン酸ピーリング」についてご紹介していきたいと思います\(^o^)/

「クエン酸ピーリング」とは?

クエン酸とは、酢や梅干、レモンやグレープフルーツなどの柑橘類などすっぱい食べ物などに含まれている酸のひとつで、ドラッグストアや薬局で粉末を簡単に手に入れることができます。
値段も手軽でお財布に優しいです。

クエン酸ピーリングは、このクエン酸を使って溶液をつくり、自宅で手軽にピーリングを行う方法です。
ただし、ピーリングに使うクエン酸は掃除用ではなく、食用の飲むこともできるタイプを選ぶように注意しましょう。

効果

「クエン酸ピーリング」の効果は
ニキビ跡、シミ、黒ずみに効果的です。

クエン酸は代謝不足などで肌に停滞した古い角質を除去し、肌の代謝をうながしてくれます。
ひじや膝などの角質を取るのにも適しています。

そして肌のごわつきを取ってくれ、キメの整った肌に近づけてくれます。
美肌効果もあるのです。

作り方

材料

クエン酸・・・10g
精製水・・・100ml
容器

手順

クエン酸と精製水を容器に入れ、よく振るだけです。
大体1ヶ月くらいで使い切りましょう。

使い方

1.クレンジングで化粧を落として、石けんや洗顔フォームで洗顔します。

2.ピーリング液を約大さじ1杯、手のひらにとって、目の周りを避け、手で顔につけます。

3.2~3分置いて、顔を水道水でよく洗い流して、タオルで水気をふきます。

4.化粧水や乳液など、いつも使っているスキンケアで保湿します。

注意点

クエン酸ピーリングは手で行いましょう
コットンにピーリング液を染み込ませて、皮膚を拭き取るのは傷つけてしまうのでNGです。

顔そりとクエン酸ピーリングの併用は避けましょう
顔をそった日とその翌日はピーリングを行わないyぽうにしましょう。
また、ピーリングを行った日とその翌日は顔をそってはいけません。
顔をそると角質層が削り取られて、刺激に敏感になるからです。

クエン酸ピーリング後は保湿をします
角質層が薄くなっているので、水分が逃げやすい状態になっています。
たっぷりの化粧水で潤いを与えて、乳液で保湿して下さい。

レチノール入りのスキンケアは避ける。
レチノールという成分には、ピーリングと似た作用があり、クエン酸ピーリングの後にレチノールを使用すると染みる可能性があります。

プロフィール

美容、ダイエットに興味がある、元美容師&現役コスプレイヤーの「なっきぃ」です!

このブログは私が気になった美容情報を調査、実践して書いています。

■ 保有資格&免許
  • 美容師免許
  • ネイル検定3級
  • フェイシャルエステ
  • メイクアップアーティスト
  • メイクアップアーティストインストラクター